2008年07月27日 00:00

080727_01
 7月17日(木)新宿区若松地域センター・3Fホールで第四回「いじめ・虐待防止フォーラム」が開催された。
  今回のテーマは『本当の愛と嘘の愛、言葉と態度の違いから』を問題提起として、いじめ虐待防止の糸口を見出だした。
 
 梅雨明けを想起させる、炎天からの陽射しが夏木立に降り注ぎ、今回で四回目を迎えたフォーラム。冒頭を飾ったのは前山亜杜武氏(NPO法人あきらめない理事長)演じる寸劇『トゥルー・ラブ』。脇を固める演者は、近藤幸宏氏率いる劇団NKProjects!。
 080727_02
 前山氏は、家庭の事情により転校を繰り返し、その後道を外れた青春を過ごした。それでも我が子を信じる、母の姿に氏は我を取り戻し、立直っていく過程を表現した。 寸劇とは言え、実体験をもとに迫真の演技の前山氏に、会場は静まり返り深い感動は余韻を残しスタートした。
 
 今回の主題、その問題提起にあたり体験者である岡田ユキ氏から『親から虐待を受けた子どもは、心身共に傷を負っていても、親を慕い愛し続けている。社会規範の中で、満たされない親側の不平不満や、持って行き場のない憎しみや怒りを、自己解消できないまま、一番身近な我が子にそのはけ口が向けられることが、家庭・家族内のいじめ虐待を引き起こしている。このフォーラムから、負の連鎖を自らが断ち切る手立てを学び、感じ取って欲しい』と語った。
 
 今回登場したパネリストの一人、新宿区更正保護女性会代表の坂本悠紀子氏は『道を外れた本人はそこでも、もがき苦しんでいる。周りの人が「情」を与え、愛情をもった声かけが何よりも肝心』と力説。
 教育界からは、法政大学 現代福祉学部教授で東京都立川市にある至誠学園理事長の高橋利一氏も『現代社会において、家庭内で孤立する家族関係が、地域社会のつながりの薄さに影響を与えている。離婚により両親から引き裂かれた子供は、満たされる事のない愛を追い求めている。今年すでに4万件を越えた虐待報告、子供を取り巻く家庭・地域環境の中では「包みこむ優しさで育む愛」を決して忘れてはならない』と切々と語った。
 
 新宿区子ども家庭部家庭課主査 小野川文恵氏が語る自らの体験談は、心にしみいるものだった『私がまだ幼い三歳の誕生日を向かえ日、嬉しくて通りすがりの女性に伝えたら、近くの駄菓子屋でお祝いのお菓子を買って頂いた。その時の優しい時間は、今でも掛け替えのない思い出。地域の中でも手を差し延べる大切さを、今後も応援していきたい』と力強い言葉が出た。
 
 国立医療センター国府台病院内科医長 三島修一医師からは、家庭内における親と子どもの関係悪化を危惧する発言があった。『子どもに何らかの問題が生じた場合、その背景にある子どもの切実な声を、親は聞き取っていない現実がある。常日頃、医師として病名だけで患者を診ないという意識があれば、自ずと目線は患者と同じものになる。その時!、心の奥深く沈んでいる「小さな声」を汲み上げることができる。話しを聞くことは簡単なようで以外と難しく、意識して耳を傾ける傾聴文化を今後も提唱していきたい』と訴えた。
 080801_01
 前回のフォーラム同様、会場からの声も活発に上がった中、不登校児童を受け持つ家庭教師の発言は興味深いものだった『親の子どもに対する過度な期待が、目に見えない圧力として大きく子どもにのしかかる。親と子のよいコミュニケーションとは、共に育て上げるものという意識があれば、お互いの絆は深まる』といった貴重な声も聞けた。
 このフォーラムが、回を重ねる毎に人の絆を深めている事実。つながりの輪は、広がりの数も大切だが、心が揺さぶられるほど感動の深さを感じられることと、人の原点に立ち返る機会を、得られることが出来る素晴らしさが、このフォーラムには確かにある。
      文: ぐそく かずし

◆次回予告
「第五回 いじめ・虐待防止フォーラム」
日時:2008年10月23日(木)14:00~16:45
会場:未定
寸劇出演:高橋利一(至誠学園理事長・法政大学 現代福祉学部教授) ほか

2008年07月21日 00:00

◆7月度勉強会
日時:2008年7月28日(月)14:00~16:00
会場:ゆったりーの内 サークルダルメシアン事務局
※参加費として500円がかかります。

◆8月度勉強会
日程:2008年8月12日(火)
時間・会場:未定
お問い合わせ・ご参加をお待ちしております。

2008年07月06日 00:00

080706_01
第四回「いじめ・虐待防止フォーラム」のお知らせです。

ひとりで悩んでいるあなたへ・・・      
ここに来れば何かが変わります
みんなで考える・・・地域からなくそう!いじめと虐待

平成20年7月17日(木) 13:30開場/14:00開始 ~ 16:45終了(予定)
場所 新宿区若松地域センター・3Fホール
地下鉄: 都営大江戸線(都営12号線)「若松河田」駅下車 河田口より徒歩2分
都バス: 「宿74」新宿駅西口発 東京女子医大行き(抜弁天経由)「余丁町」下車1
      「高71」高田馬場駅発 九段下行き「余丁町」下車1分
入場無料
1部フォーラム
テーマ「本当の愛と嘘の愛、言葉と態度のちがいから」

● 問題提起 
・体験者から: 岡田ユキ(サークルダルメシアン代表)
・寸 劇   :  前山亜杜武(NPO法人あきらめない理事長)監修 三島修一 協力:NKプロジェクト
● パネルディスカッション 
・パネリスト : 高橋利一(至誠学園理事長・法政大学 現代福祉学部教授)
        : 三島修一(国立医療センター国府台病院内科医長)
        : 坂本悠紀子(新宿区更生保護女性会代表)
        : 小野川文恵(新宿区子ども家庭部子ども家庭課主査)

2部音楽ライブ
● ポピュラーミュージックセラピー体験(岡田ユキ監修)
● 音楽ライブ ダルメシアン・チャレンジワーク(新宿区障害者就労福祉センター)
● リングダンス体験
● アピールタイム(参加自由・飛び入りも可)
☆懇親会をフォーラム終了後2F「集会室」にて催します(どなたでも無料で参加できます)

主催 児童虐待防止の市民活動団体 サークルダルメシアン
後援 新宿区・社会福祉法人新宿区社会福祉協議会・新宿区教育委員会・新宿区更生保護女性会
   東京ボランティア市民活動センター・劇団AHS・劇団NKプロジェクト
お問い合わせ先 大江戸バンドセッション事務局内いじめ・虐待防止フォーラム担当03-5603-5693
ホームページ http://cdal.org  メール info@cdal.org

皆様のご参加をお待ちしております。
 
今回の目玉は、NPO法人あきらめないの前山さんの寸劇です。
どのような方かはあきらめないのホームページをご参照下さい。

2008年06月08日 00:00

080608_01
岡田ユキと語り合う「お昼の心の勉強会」にいらっしゃいませんか?
日時 6月18日(水)14:00~16:00
場所 ゆったりーの
参加費 500円
どなたでも参加できます。お気軽にどうぞ!

2008年06月01日 00:00

080601_01
<「あした元気になるために」 人生の時間銀行 吉田浩>
 「あした元気になるために」 人生の時間銀行 吉田浩
 監修の小倉淳さんは元日テレのアナウンサーです。
 
 私たちは、生まれると同時に、
 底のない砂時計を受け取ります。
 ひっくり返したとたん、
 砂はどんどん落ちていきます。
 それが、人生のスタートです。
 
吉田浩
出版プロデューサー、童話作家。
1960年生。新潟県六日町出身。
法政大学文学部卒。
財団法人ふるさと情報センター主任研究員を経て、
1999年編集プロダクション(有)天才工場設立。
2004年NPO法人「企画のたまご屋さん」設立。
日本中の出版社400社1000人の編集者に、
毎日、企画書を売り込むビジネスモデルを確立する。
『動物キャラナビ』(日本文芸社)累計95万部
『低インシュリンダイエット』(新星出版)累計97万部
『日本村100人の仲間たち』45万部等のベストセラーを世に送り出す。


2008年05月27日 00:00

 「いじめ・虐待防止フォーラム」でもお馴染みの国立医療センター国府台病院内科医長 三島修一先生が6月7日に講演を行います。
 ご興味をお持ちの方は、是非、足をお運びください。
第5回 小象の会 生活習慣病予防治療フォーラム
テーマ“心の健康”
日時:2008年6月7日(土)15:00~18:00
会場:
 ホテルプラザ菜の花(千葉市中央区長洲1-9-1)
  千葉駅より千葉モノレールで5分「県庁前駅」下車 徒歩0分
  千葉駅よりバスで10分「県庁前」下車 徒歩1分
参加資格:生活習慣病の予防や治療について真剣に考えている方
       ※一般の方の参加も大歓迎です!
参加費:無料
 詳細は下記のチラシをご覧ください。
080527_01
※チラシはクリックで拡大します。
 また、 三島修一先生が4月の第3回「いじめ・虐待防止フォーラム」で発表された詩を以下に掲載致します。
「新緑」
私が
あなたのそばを
通るたびに
あなたは
日に日に
その つばさを
ひろげる
寒い冬には
あなたの姿は
私には
みえなかった
それなのに今
一日一日
あなたは
あふれるように
その体を広げている
なにもなかった
あの日から
あなたは
今、ここにいる
それはそれは美しい
透明な緑の体で
あなたは
どこからきたの?
あなたは
どこから 生まれたの?
あなたは
本当に どこからきたの?
あなたは
本当に どこから 生まれたの?
もっともっと
私たちに語って!
もっともっと
私たちにうたって!
そう!  だから
私は、私たちは
あなたの歌を聴く
あなたの声なき言葉を聴く
あなたは
いのちの再生を
告げる使者
この地上に
いのちのよみがえりを
告げる使者
だから
もっと 聴かせて
あなたの声なき声を
あなたの
いのちの歌を!


2008年05月21日 00:00

080521_01
 6月1日(日)に浅草のアサヒ・アートスクエアで行われる「大江戸バンドセッション」に岡田ユキが出演します。
 10組のミュージシャンが登場し、岡田の出演は13時40分頃になります。
 入場料は¥1,000です。
Drum 川口雷二
Bass カイトヒロシ
Guitar 杉山太郎
 受付で岡田ユキを見に来たと、ひとこと仰ってください。
 皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

2008年04月26日 00:00

080426_01
 【ひとりで悩んでいるあなたへ・・・、地域からなくそう!いじめと虐待】と銘打ち、今回で第三回をむかえた「いじめ・虐待防止フォーラム」は、2008年(平成20年)4月17日(木)に新宿区牛込箪笥地域センター5F多目的ホールで行われた。
 前回にも増して、会場を埋め尽くした入場者は50名を有に越え、1部フォーラムのテーマ「苦しみを乗り越えて立ち直るには」の問題提起を、虐待体験者の立場から岡田ユキ氏により投げかけられて、幕を開けた。
 080426_02
 冒頭を飾ったのは、劇団NK projects!演じる寸劇『ヴォイス』は、”うつ”を克服した過程を脚本・演出した近藤幸宏氏自らが演じ、苦楽を共に歩んできた俳優陣が脇を固め、会場の人たちはその迫真の演技に固唾(かたず)を呑み、食い入る様に引き込まれていった。寸劇終了後の挨拶で、過去の自分がフラッシュバックしたのか、近藤氏の感極まる場面には、会場にいた人全ての絆が一気に結ばれた瞬間でもあった。
 080426_03
 パネルディスカッションでは、医師である三島修一氏が、『医師側の立場と、病を患う側の人との目線を同じにする大切さ』と『医療において話しを聞くという傾聴の難しさ』を実体験の反省を元に力説され、さらに更生保護士の立場からは、坂本悠紀子氏が『一歩踏み込んだ声かけの重要性を続けること』その意義を訴えかけた。
 今回のフォーラムの特徴が最も効果的に発揮されたのは、会場にいる出席者からの声が数多く出されたことで、その声には『現代の世情に警鐘を鳴らし、自分が何をなすべか・・・、自分ができることから始めましょう!』といった苦悩する人たちへのエール(応援)を送る暖かい賛同の声が数多くあったこと。これは今回のフォーラムが、これまで以上の素晴らしい内容となった成果の要因のひとつであろう。
 080426_04
 二部の音楽ライブでは、木村芙紗子氏による手話の音楽セラピーで心が和み。会場に人の輪を作り踊ったリングダンスでは、優しい時間をお互いの手の温もりで楽しく過ごした。フォーラム終了後の懇親会までその和やかさは続き、終始笑顔のあった第三回フォーラムの絆は、確かな手応えと共に幕を閉じた。
文:ぐそくかずし
 
次回のお知らせ
第四回「いじめ・虐待防止フォーラム」
場所 新宿区若松地域センター・3Fホール
平成20年7月17日(木)13:30開場 14:00開始
テーマ「本当の愛と嘘の愛、言葉と態度のちがいから」
寸劇 前山亜杜武NPO法人あきらめない理事長)
お問い合わせ先 03-5603-5693(窓口:大江戸バンドセッション事務局)
080426_05


2008年04月23日 00:00

080423_01
 4月27日(日)にアサヒビール本社スクエアホールにて大江戸バンドセッションというイベントが開催されます。
 13時50分頃に岡田ユキが出演します。
 ミュージシャンは
ドラム 川口雷二(故ジョージ川口次男)
ベース 垣内裕志(サークルダルメシアン事務局長)
ギター 杉山太郎
 入場料は1000円です。
 受付で岡田ユキを見に来たといってください。
 皆様のご来場をお待ちしています。


2008年04月09日 00:00

080409_01
080409_02
080409_03
 4月5日(土)豪徳寺ダンススクールの石田京子先生の会に岡田ユキ代表、垣内裕志事務局長、村田さんの三人が参加し、リングダンスの講習を受けました。
 リングダンスとはダンス初心者でも簡単なステップですぐに踊れてしまうとても楽しいものです。
音楽はサンバやディスコ等を使いますが、子供のころ一度でもフォークダンス等をした経験があれば、すぐに踊れてしまいます。
 社交ダンスの経験がなくてもそれなりにできてしまうところがリングダンスの魅力です。
 ダンスを通じた心の交流を次回フォーラムの2部で皆さんにも体験していただきたいと思います。
 ぜひお楽しみに、、
 
サークルダルメシアン事務局
 
<石田京子先生プロフィール>
080409_04

出身地 小樽
誕生日 5月18日
星座 おうし座
血液型O型
楽しい中にも基本をたいせつに!!と考えています。
踊る時は年齢を忘れて、老いも若きも一緒になれるコミュニケーションの場としての、社交ダンスを勉強しています。
とにかく、 エネルギッシュがわたしの持ち味です。
だあれ、妖怪なんて言ってる人は。ちょっといらっしゃい。
<資格・経歴等>
 JBDF商業インストラクター4級 NATD会員
 全日本ダンス協会連合会(フェロー取得)JATD会員
 AJDT/IDC会員(フェロー取得)AJDT会員
 豪徳寺ダンススクール在籍17年現在にいたる。
<レッスン>
  月曜日 AM11:00~12:30 社交ダンス初級クラス
  火曜日 PM8:30~10:00 社交ダンス初級クラス
  水曜日 PM7:00~8:30  社交ダンス中級クラス
  土曜日 PM7:30~9:00  アルゼンチンタンゴ初心者クラス
担当レッスン: ソシアルクラス ・ アルゼンチンタンゴ初心者クラス


サークルダルメシアンのホームページ

サークルダルメシアンの新ホームページ

岡田ユキのホームページ

虐待心理研究所

CAP専門カウンセラー養成講座



★スペシャルオリンピックス
スペシャルオリンピックス
記事検索
アーカイブ
ダルメシアンのメールマガジンに是非、ご登録ください♪
メルマガ登録・解除
サークルダルメシアン情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
みにくいあひるの子供たち―いま死にたいと思っているあなたへ
岡田ユキの自伝
ぶぶ漬けいっぱい
京都の風習をうたっている
FAMILY
カケ算ラップ収録
遙かなる時を超えて
平和へのいのりをこめて
Yesterday Once More
岡田ユキがうたう名曲の数々
  • ライブドアブログ