伝えたいこと

2022年05月15日 00:00

第36回「世界天才会議」に参加致しました。
世界天才会議(WGC)は、1986年にサー中松博士が会長を務め、ニューヨークで第1回目が開催されました。

nakamatu 1nアメリカ・ロシア・ヨーロッパ・中東・アジアの天才たちが参加し、新しい技術や製品、ビジネスモデルなどを展示・発表しています。
会長のサー中松博士をはじめとする国際的な審査員によって、埋もれている世界中の天才を発掘、彼らの発明が時代を担うビジネスへと繋がっております。





nakamatu3n
オープニングセレモニーのテープカットに「日本ビジネスインテリジェンス協会」(BIS)の中川十郎理事長が来賓として招待されました。私もBISの理事の一人として参加させて頂きました。
日常、当然のように使っている物や、あって当然と思い込んでいるシステムやものの多くは、サー中松博士が発明・考案されたものです。あまりの数の多さに、驚きました。

すごい方ですが、日本人にはドクター中松と親しみ深くとても気さくな方で、写真撮影時には「ドクターな・か・ま・つ―」と言わないと怒られます(笑い)
「日本人は日本人らしく、日本語で!」と、お手本となるべき尊敬できる大先輩のお一人です。
nakamatu4n
nakamatu2n


2022年04月28日 02:41

1月から始まりました、「教育立国推進協議会」の総会も第8回を迎えました。
本日の講演テーマは「全世代型教育保障」で、講師は、安西祐一郎氏(東京財団政策研究所所長・日本学術振興会前理事長・中央教育審議会元会長・元慶応義塾長)でした。
3ヶ月に渡る各分科会での提言もまとまり、いよいよ5月には超党派の国会議員との議論を経て、私たちの提言が国に届けられます。
おかげさまで私の所属しております第二分科会では、想像以上に白熱した話合いがなされ、私にとっては納得のいく提言内容となりました。メン
バーの皆様ありがとうございました。
そして、日本の教育改革の新たな形として、超党派の国会議員及び、民間有識者という初めてのスタイルにご尽力いただきました、下村博文会長に改めて感謝申し上げます。
垣内 裕志、岩崎 弘治、他28人
コメント6件
シェア3件
いいね!
コメントする
シェア


2022年04月05日 01:54

谷口元国連大使のお誕生日会に
虐待防止の市民活動団体サークル・ダルメシアンの代表岡田ユキが招待され、参加させていただきました。


277806755_5126045914141595_1906475731370817951_n
岡田代表より伺ったエピソードのどれもに
戦後を支えてきた先輩方の重みのある言葉が詰まっており
多くのことを学ばせていただきました。


武士道には、他国から憧れられる素晴らしい魅力があります。
私自身もまだまだ未熟ものですが、
親や祖父母世代にあたる諸先輩方にご心配をおかけしないように
しっかり現役世代が受け継いでいかなければと思いました。

277776025_5126048320808021_1289202005232422329_n
277790255_5126050947474425_2712340538770783248_n277727197_5126051324141054_482757831499364283_n


武士道を学ぶ「武士道心理学」は、
CAP専門カウンセラー講座の中で学べます。
是非、他国から憧れられる素晴らしい文化を学び、
魅力あふれる人になりませんか。
CAP専門カウンセラー養成講座の詳しくはこちら

277765232_5126629497416570_8916650463584420684_n
















皆様これからも日々成長を続けるサークル・ダルメシアンに
どうぞご支援ご協力を宜しお願い申し上げます。
誠 元国連大使
国際連合新再生エネルギー会議議長や国際連合貿易開発会議議長、日本人として2人目のユニセフ議長、国連大使や日本人初のOECD事務次長を務められた後、早稲田大学教授、天津外国語学院客員教授等を歴任されました。
また、岩手県立大学第2代学長、岩手県民情報交流センターでの新渡戸国際塾の塾長でもあり、新渡戸稲造の研究家としても有名な方です。2000年勲二等瑞宝章受章。2014年東久邇宮記念会東久邇宮国際文化褒賞受賞。



2022年02月17日 22:38

本日は「教育立国推進協議会」の第3回総会でした。
今回のテーマは「教育は先行投資。教育国債について」高橋洋一氏(喜悦大学ビジネス創造学部教授)と鈴木寛氏(東京大学公共政策大学院教授・慶應大政策メディア研究科教授)の講演がありました。

何事をするにも一番の課題は「お金」であり、
我が国がどのような教育に税金を使いそれがどのように役立てられているのか?
不足の資金はどのように、誰が作り出しているのか?
というようなところを現場責任者から直接話を聞くことが出来ました。

そこで知ったことは、
国と国民を繋ぐメディアが、一番大事な内容を一切報道してこなかった
という現実でした。

私の活動でも、今どうにかしなければ「日本は完全に無くなる」という危機感はありましたが、
政府の中でもそれを身近に感じ、改革をしていた人が多数いたことも知りました。
お誘い頂いた時は半信半疑でしたが、私も率直な意見を述べさせていただける機会も沢山いただき、
幾つかの分科会も発足されて、私とアイアンガードコーポレーションの西見代表は「社会格差」「家庭格差」「障がい格差」のグループで提言をまとめ、国に現実の社会問題を物申せるまでになりました。

おかげさまで、大変忙しくなりましたが、26年の活動で得たデーターや資料を基に研究・開発した内容を国に役立てられるように、第一歩は同じ分科会のメンバーの皆様と協力し合って提言書をまとめたいと思っております。

立国3回




2022年02月12日 22:30

5年前に「岡田式AC判別法®」が注目され、

岡田ユキ先生がレクチャーのために招待され渡米しました。

その気になる内容は、

最新版「岡田式AC判別法®」の動画にてお楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=QobB-d4Y6r8&t=5s

リニューアルされた

虐待防止の市民活動「サークル・ダルメシアン」のHPはこちら

https://circledalmatian.com/

皆様のご支援・ご協力を今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
アメリカ



2022年02月06日 22:26

虐待心理研究所の研究発表

今日本で起きている虐待は

2種類のタイプがあることをご存じですか

問題解決をするときに

対処法を間違えるとさらに問題が大きくなることは

皆さんもよくご存じかと思います。

それと同じように

目の前で起きている虐待の本質を見間違うと、

解決しません。

虐待が起こる仕組みが

「岡田式AC判別法®」として理論化されて早20年

精神面の研究に取り組む方々に支持され

数々のテーマで共同研究が始まっております。

また、日本の今の現状を危惧する方々と共に協力し

「国造り共同プロジェクト」が立ち上がりました。

詳しくは、

リニューアルされたサークル・ダルメシアンのHPにて

ご確認ください。

https://circledalmatian.com/

虐待防止の市民活動を続けるサークル・ダルメシアンを

今後ともご支援・ご協力の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
国造りし





2022年01月19日 22:14

立国 
本日「教育立国推進協議会」設立総会に参加させて頂きました。

下村博文衆議院議員が会長となり、日本の山積する課題に対応していくために、
超党派の国会議員及び、民間有識者により設立されました。

私もサークル・ダルメシアンのメンバーと参加しました。

2部の設立記念シンポジウムでは、ファシリテーター:会長・下村博文 、パネラー:青木仁志氏 大久保秀夫氏が登壇。

アチーブメントの青木氏とは十数年ぶりに再会、当時いじめ虐待防止委員会の副会長だった新田義治・千葉支部代表がご紹介くださり、虐待問題を話し合いましたが、早いものであれから十数年が過ぎました。

メキキの会の出口光会長ともお会いしました。

100名を超える超党派議員が参加され、元安倍総理を始め松原仁、稲田朋美、石井苗子議員他など、蒼々たる国会議員が参加され、この意識で、世の中を一気に良い方向へと変えたいものです。

 
rikkoku2



2022年01月02日 02:23

新年、あけましておめでとうございます。           サークル・ダルメシアンの活動も皆様のおかげで、今年は26年目に入ります。
大阪支部に続き、昨年は横浜支部を立ち上げる事が出来ました。
今年は、千葉支部、埼玉支部などが立ち上がる予定でおります。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


2022年01月01日 00:46

横浜支部_n 
動画はコチラ↑↑↑

謹 賀 新 年

令和三年もサークル・ダルメシアンは多くのご縁をいただき、
内閣官房「孤独・孤立対策担当室」

虐待が起こるメカニズムと対応策としての「岡田式AC判別法®
お伝えさせていただきました。

それに伴い、サークル・ダルメシアン横浜支部を立ち上げ、
アスリート集団の「アイアンガードコーポレーション」「勇者の会」
また街を活性化させる「金沢まごころの会」と連携し、
DVや虐待から身を守る対策としてのレスパイト事業を行うことになりました。

 

また、新年早々には千葉支部を立ち上げ、
「岡田式AC判別法®50%タイプ
の自律・自立の支援を行い、
埼玉支部、京都支部、岡山支部と今年は続々と全国に支部を立ち上げる予定でおります。
それぞれの支部の活躍にもご期待ください。

今年も変わらず虐待防止の活動を続けてまいりますので、
皆様からの温かい
ご支援・ご協力の程、
本年もお願い申し上げます。

令和四年 元旦

021年のサークル・ダルメシアンの活動はコチラ

 



2021年12月25日 21:38

箕面市中央生涯学習センターにて、サークル・ダルメシアン代表、虐待心理研究所・所長の岡田ユキ先生をお招きし「発達障害と子育て、高齢出産と発達障害の関係性」についての講演をしていただきました。

岡田先生は虐待問題の第一人者で、虐待におけるメカニズムを長年研究所されており、日本で起こる虐待には2種類の原因があることを解明されました。

特に、岡田先生も体験された親子間で起こる虐待には、発達障害の母親が深く関係しており、虐待問題を解決するには、発達障害者の心理を深く理解する他ないそうです。

そして1番の問題は、現代社会においては、戦前に比べ出生率も低く尚且つ高齢出産や不妊治療によって、更に発達障害者を生み出しており、母親が我が子に接する方法が分からず悩み、親子間が悪化しているとのことです。

それらの問題の根本的な解決策を「岡田式AC判別法®︎」を用いて、分かりやすくご説明いただきました。

今回の参加者は、一般の方よりは行政関係者が多く、箕面市の市議会議員、藤田たかし議員をはじめ、たくさんの方々が質疑応答、問題解決のための答えを岡田先生に求められました。

岡田先生は、個々の不安や複雑化してしまった問題を事例を用いて説明され、とても分かりやすく、解決策を教えていただきました。

これまでの心理学といえばフロイトやアドラーまた、ロジャーズなどの理論や療法がベースとなってきましたが、日本は神道や仏教国でもあり、長年の「武士道精神」的な考え方を持つ人も多くおります。

それが「岡田式AC判別法®︎」の200%タイプなので、海外の人には理解できない思考・行動パターンを持っています。社会の変化とともに、100年以上も前のましてやヨーロッパやアメリカ人向けの心理学では到底日本人には当てはまらないということです。

全ての問題を解決できる画期的な「岡田式AC判別法®」の理論に参加者は、驚かれておりました。

岡田先生、ご講演下さりありがとうございました。

また、ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

大阪支部では「岡田式AC判別法®」を基礎とした孤家族・孤独育児のサポートをしております。

サークル・ダルメシアン大阪支部・ママ楽クラブでは、勉強会や様々なイベントを開催しておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

今後とも、大阪支部をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

大阪2
大阪



サークルダルメシアンのホームページ

サークルダルメシアンの新ホームページ

岡田ユキのホームページ

虐待心理研究所

CAP専門カウンセラー養成講座



★スペシャルオリンピックス
スペシャルオリンピックス
記事検索
アーカイブ
ダルメシアンのメールマガジンに是非、ご登録ください♪
メルマガ登録・解除
サークルダルメシアン情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
みにくいあひるの子供たち―いま死にたいと思っているあなたへ
岡田ユキの自伝
ぶぶ漬けいっぱい
京都の風習をうたっている
FAMILY
カケ算ラップ収録
遙かなる時を超えて
平和へのいのりをこめて
Yesterday Once More
岡田ユキがうたう名曲の数々
  • ライブドアブログ